• このエントリーをはてなブックマークに追加
『CDJ-900NXS』

パイオニアは、フルカラー液晶ディスプレイを採用したDJ用マルチプレーヤー「CDJ-900NXS」を12月下旬に発売する。
「CDJ-900NXS」は、世界中のプロDJやクラブに愛用されているDJ用CDプレイヤー「CDJ-2000NXS」を、小型・低価格化したもの。
低価格化しているとはいえ、基本的なレイアウトや操作性は継承している。
音楽CDやCD-R/RWはもちろん、MP3、AAC、WAV、AIFFのファイルフォーマットに対応。スマートフォン/タブレット/パソコンに加え、フラッシュメモリーやハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイスから読み込むことができる。

液晶画面には、USBストレージ内の曲名や、楽曲全体を視覚的に把握できる「WAVE」表示など多彩な表示が可能となっているため、非常に見やすくなっている。

付属の音楽ソフトウェア「rekordbox™」を使えば、楽曲の管理はもちろん、曲のキーやテンポを解析でき、DJmixの事前準備が可能となる。
再生中の曲とハーモニーが一致する他の曲を、緑色で表示する「TRAFFIC LIGHT」機能を搭載。ミックスの流れをイメージしやすそうだ。
指定したポイントからのループや、4ビートの正確なループを組むこともできる。更にビートアレンジ機能では、ビートを分割して再生することが可能。トリッキーなプレイが楽しめそうだ。

また、カスタマイズした自分の設定を即座に反映できる「MY SETTINGS」機能を搭載。複数人で使い分けるのに便利そうだ。
DJソフトウェアのMIDIコントロールも可能なため、PCDJとの連携にも力を発揮できる。

本格的DJ機器としても、「CDJ-2000NXS」のサブ機や自宅練習用としても、満足の行く商品だと思われる。
さらに、ウォルフソン社製の高性能D/Aコンバーターを採用しているため、オーディオファンにも十分楽しめるプレイヤーとも言えるだろう。

本体サイズは約幅320☓奥行き401.8☓高さ105.5mm、重量4.3 kg。価格はオープンプライス。

ホームページ : http://pioneerdj.com/japanese/products/player/cdj-900nxs.html

Pocket
LINEで送る