• このエントリーをはてなブックマークに追加
ターボエンジン搭載の「LEXUS LF-NX」を出展

 LEXUSは、11月20日(水)から12月1日(日)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第43回東京モーターショー2013に、スポーツクーペ「LEXUS RC」および、新開発2.0Lターボエンジンを搭載したコンパクトクロスオーバーSUVのコンセプトカー「LEXUS LF-NX」を出展する。

1.「LEXUS RC」(世界初公開)
「レクサスの”走り”のイメージをけん引するスポーツクーペ」であるという「RC」は、「LEXUS LFA」や「LEXUS LF-LC」など、LEXUSスポーツモデルの意匠をモチーフとしたヘッドランプやL字型を強調したリヤコンビネーションランプなど、個性を際立たせたLEXUS独自のデザイン要素が見て取れる。水平基調のインストルメントパネルや表皮一体発泡シートを採用し、クルマとドライバーの一体感を感じさせるスポーツコックピットとなっている。パワートレーンには3.5Lガソリンエンジンと2.5Lハイブリッドの2種類を採用。LEXUSならではのエモーショナルな走りを実現している。

 車名:LEXUS RC
 全長(mm):4,695
 全幅(mm):1,840
 全高(mm):1,395
 ホイールベース(mm):2,730
 乗車定員(人):4

2.「LEXUS LF-NX」(ターボモデル:世界初)
新開発ターボエンジンを搭載した「次世代のコンパクトSUVコンセプト」という「LEXUS LF-NX」は、フランクフルトモーターショーに出展した「LEXUS LF-NX」に、新開発の2.0リッター・ターボ・エンジンを搭載して改めて出展。高い走行性能と優れた環境性能を実現するという。
引き締まったボディと張り出したタイヤのコントラストは、「凝縮感」と「切れ味」をテーマとしている。SUVの力強さと俊敏な走りを表現したエクステリアといえる。さらに、LEXUSの先進性を象徴するインテリアには、タッチパッド型の新しい「リモートタッチ」が採用されている。

 車名:LEXUS LF-NX
 全長(mm):4,640
 全幅(mm):1,870
 全高(mm):1,620
 ホイールベース(mm):2,700

ホームページ : http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20131104.html

Pocket
LINEで送る